各個人と環境整備

毎日の生活で、私たちはたくさんの物を消費しています。

今の日本はとにかく多くの物で溢れ返っていて、便利なものや美味しいものなどを実に簡単に手に入れることができます。

しかし、その恵まれている環境の中、私たちは、自分たちの欲求を叶えるためだけを重視しがちになり、住んでいる地球の環境整備を疎かにしているのではないかと考えられます。

自分たちが良ければ良いというのは裕福な時代であることの象徴でもあります。
そのままの考えでいたら、地球にある大切な資源はみるみる間に失われてしまいます。
環境整備の今を知る⇒環境整備ステーション

便利になる分、環境破壊も進んでいきます。

もうここ何年も進んでいる地球の温暖化は、どうして起きているのか?
ただ何となく知るのではなくて、真剣に考えていかなくてはならないのです。

私たちが何か一つ便利になることでどこかの森林が破壊されているかもしれません。

素晴らしい機能をもつ洗剤が生まれて便利になったけど、生態系の崩壊が起きているかもしれません。

エアコンで快適な温度で過ごすことができますが、オゾン層を破壊してしまっています。

何となく話を聞くと、自分一人が気をつけたところでどうにもならないだろうと、何もせずに自分の満足を優先させてしまう人もいると思いますが、それは間違っています。

これからの未来を少しでも良くするためには、便利で物が更に溢れることではなく、環境を守っていくということは誰でもできることなのです。

今環境整備のことで様々な事業が注目されていますが、個人個人でもできることはたくさんあります。

環境整備のことに触れた時にはぜひ耳を傾けて、そして、自分にできることを見つけてください。